MENU TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 吉村作治

吉村作治

2014.06.03 | Category: 未分類

吉村作治

 

早稲田大学名誉教授 エジプト考古学者
私が24歳、整骨院のインターンシップにいた頃
ひと月 月給3万円でした。
あとから大学を出た後輩たちは
証券会社などに勤め、最初のボーナスでスポーツカーを
買い乗り回していました。
自転車も買えなかった。
6畳一間水道に一つのガス台、
共同便所、風呂なし、朝9時から仕事が始まるが
前日に干した包帯を巻き取るのに1時間以上掛かる。
掃除を含めると2時間、毎日6時起きだった。
トイレもピカピカにした。
夜、仕事が終わり風呂屋に行ってアパートに戻ると1時を回った。
金曜日、土曜日の夜は院長の飲みの付き合い ドライバーだった
他の先生方を飲み終わった後、それぞれ車に乗せてお送りする
帰ると朝方だった。
日曜は研修会、柔道の審判。
ひと月に一日あるかないかの休日は
ひたすらに惰眠をむさぼった。
テレビを見る時間もなかった。
世間から乖離され、離されていくような気がしていた。
その時、院の新聞にこの方の対談が掲載されていた。
「愚直に、孤独を怖れるな」
勇気を頂きました。
有難うございました。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒233-0002 神奈川県横浜市港南区上大岡西3-2-7-1F
電話番号045-841-0535
駐車場なし
休診日日曜・祭日・土曜午後
研修会日