MENU TEL

知の骨

2014.06.17 | Category: 未分類

DSC_0490

「知の骨」


この絵を見て下さい。

ハイハイ時期に力学形成される部分


最近の赤ん坊は、立って歩くまでの期間が
だんだん短くなってきています。
特に高這いからつかまり立ちまでが早すぎる
住宅事情など赤ん坊がハイハイをするスペースが
狭くなっているなどが一つの原因だろう。
ハイハイの時期が短かすぎると
ここの股関節の発達が部分的に抑制され
後になって脳障害を含む深刻な障害が
でてくることで、注意が必要です。
(うちの子は、よその子と比べ立つのが遅い)と言って
無理に立たせるべきではない。

この様な意味合いから
昔の先生は ここの関節のある部分を
「知の骨」と言って
経験で判っていたのでしょう。

当院へのアクセス情報

所在地〒233-0002 神奈川県横浜市港南区上大岡西3-2-7-1F
電話番号045-841-0535
駐車場なし
休診日日曜・祭日・土曜午後
研修会日