MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 2017 10月の記事一覧

急性腰痛症(いわゆるギックリ腰)

2017.10.26 | Category: 未分類

いわゆるギックリ腰で、松葉杖をついて来院されました。

絶対に温めてはいけません。

大量の氷で冷却して下さい。

保冷剤 アイスノンは温度の管理が出来ませんので使用は避けて下さい。

シップは貼らないで!

ストレッチ 牽引は禁忌です。!

 

 

変形性膝関節症と言われ手術の指示された女性です。

2017.10.18 | Category: 未分類

変形性膝関節症と言われ手術の適応を指示された女性です。
藁尾もすがる思いで当初杖をついていらっしゃいました。
下肢の障害は腰のある関節障害ありきです。
なるべくして膝の障害を起こします。
彼女は私の助言をしっかり守って下さいました。
大量の氷で冷却
痛い膝を庇わず歩く事、しっかり体重を掛ける事です。

 

腰椎椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症・・・?

2017.10.10 | Category: 未分類

突然の腰痛で動けなくなり救急搬送。○○病院に入院、入院1週間経ったところ奥様から連絡が入りました。投薬と点滴で寝たきり状態です。なんとかお願いしたいのですが・・病院の管理下にあるので何も出できません。でも腰の温めと牽引だけは拒否して下さいと奥様にお話をしておきました。。少し動けるようになったので退院ご即奥様がご主人を肩に掛けて連れていらっしゃいましたまだまだ一人では歩くことが困難。治療後、ご自身で歩行可能になり痛みも相当和らぎました。レントゲンを撮ると日本人の98%はヘルニア像が見えますが・・ほとんどヘルニアが原因ではありません。腰痛治療は大量の氷で冷却と歩行に勝る治療はありません。私はほんの少し手を掛けるだけ。如何に本人が氷冷と歩行を守ってくれるかです。

顎関節症(開口障害)とクリック

2017.10.10 | Category: 未分類

2013年から口が開かなくなり本日(2017年10月10日)

当院のHPをご覧になり遠方より来院されました。

主訴は口が開かない 顎ががくがく鳴る。

この4年間 歯科医院 整骨院 整体院でボキボキ

マウスピース装着 全く治らず。

この方の開口障害の大きな原因は左の腰、仙腸関節の しりもち損傷です。

あと、左顎の顎関節円盤の脱臼です。

最後に掛かった歯科医師に 顎の問題ではないので医科歯科大学に紹介の予定でしたがクリアーしました。

顎の問題は全身症状です。

短絡的に歯や顎だけ診ても治りません。

この方は腰の治療を少し続ける必要があります。

当院へのアクセス情報

所在地〒233-0002 神奈川県横浜市港南区上大岡西3-2-7-1F
電話番号045-841-0535
駐車場なし
休診日日曜・祭日・土曜午後
研修会日