MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > モノコック構造の記事一覧

モノコック構造

2016.11.21 | Category: 未分類

モノコック構造

ある一点に応力が(ちから)が集中した時、これを構造全体で吸収する機構。
自動車の車体もモノコック構造が採用されています。
交通事故等や衝突した時の応力を車体がクシャクシャに壊れることで吸収し、ドライバーを保護するように設計されていいます。
この絵は脊椎の圧迫骨折の絵です。
これもモノコック構造機構の一つで、左の四角い部分が転んだり,尻餅をついたり、又は咳やくしゃみでも起こりますが、左の四角い部分が右の絵のようにクシャッっと潰れています。
これは左の四角い部分を潰すことによって後ろにある神経や関節を保護しているモノコック構造です。
腰痛のある老人のレントゲン撮影でよく、この様な画像が見られますが、この圧迫骨折が腰痛の原因ではありません。
言い方はよくないですが 潰れて良かった。

いまCMで いつの間にか骨折 として早く病院へ
と言ってますが・・

これを ソフィスト メディスン(脅しの医療)
と言います。

基本的には何もできません。何度も言いますが・・
腰痛の原因は ここ ではありません。
ギプスを巻かれ、寝たきりにさせられ
最悪の処置がなされます。
または骨粗鬆症のためのカルシュウムの注射。

きちんとした腰痛の治療と冷却、歩行が痛みの原因の除去に
繋がります。
「圧迫骨折 写真」の画像検索結果

 

当院へのアクセス情報

所在地〒233-0002 神奈川県横浜市港南区上大岡西3-2-7-1F
電話番号045-841-0535
駐車場なし
休診日日曜・祭日・土曜午後
研修会日