〒233-0002 神奈川県横浜市港南区上大岡西3-2-7 1F
京浜急行 上大岡駅から徒歩8分 横浜市営地下鉄港南中央駅から徒歩7分
院から徒歩1分のところにコインパーキングあり

整形外科や整骨院がどこも同じだと 
思っているあなた、違いを見せます。

※祝祭日は診療行う場合あり(当サイトにてご案内します)

  日祝
9:00~12:30
15:00~20:00 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

045-841-0535

院長コラム

夏ですね~

暑いですね~

これからドンドン日差しが強くなります。

特に女性の方!日焼け!いやですよね( ^ω^)・・・

服着ているになんで日焼けするの・・・・・?

紫外線?

もちろんそれもあります。

実は目の網膜から入ってくる

光線量、熱、紫外線量が脳に働き

メラニン色素を作らせます。

本来は紫外線に対しての防御反応なんです。

サングラス  しましょう。

結構効果的ですよ!    2022 6/23

蜂窩織炎(ほうかしきえん)

6月から夏にかけて

裸足で過ごす日が多いこの時期

気を付けなければいけない

感染症です。

次第に赤く腫れあがり

小さな膿を形成する事もあり高熱が出ます。

酷くなると切開をしなければなりません

早期であれば抗菌薬(抗生物質)で事は足ります。

この黄色ブドウ球菌、水虫などの真菌の

の類はアルカリを 餌 にします。

よく温泉などで アルカリ泉は

お肌がツルツルになり・・・

等のうたい文句がありますが、

菌が増殖しますので出た後は

水道水(シャワー)で体を良く洗って下さい。

この地球上の表層から下は

アルカリに傾いて細菌の増殖に向いています。良しも悪しきもです。

上に向かい上空に行くに従い酸性に傾きます。

足に水虫が出来ますが手には出来にくいですね。

人の体、血液は弱酸性、脳は酸性です。

細菌やウイルスから酸性で防御しています。

凄いですよね。

あと、このようになった場合

かかりつけの医師に早期に見せる。

湿布は貼ってはいけません。

氷で冷やす。保冷材やアイスノンは温度の条件が判断できませんので NG! 冷やせばなんでもいいだろうは危険です!

氷も霜のついている氷はマイナス4度からマイナス7度になって居り皮膚に凍傷を起こさせますので、 必ず一度ざっと氷を洗い霜を取って冷やす事を行って下さい。

急性慢性関係なく時間の制約はありませんのでドンドン冷やして下さい。

 

             2022    7/10

2022  7/10   
多摩川は六郷土手というところまで
手長エビを釣りに行ってきました。
多摩川六郷土手は手長エビ釣りの聖地なんです。(笑)
横浜の自宅から首都高速に乗って25分くらいです。
朝3時に起きまして、5時から8時まで釣ってきました。
ほぼ入れ食い!(笑)
暑いのと、モーターボートが往来するため釣りにならなくなるので納竿。
微妙な当たりが堪らない!!!

 

ストレッチの危険性

関節を引っ張ってはいけない。
 
 
関節を引っ張ると脱灰現象(カルシュウムが抜けること)が起こります。ピエゾ効果 ピエゾ電流(圧電効果) と言います。  栄養素の吸着が出来なくなります。  
関節や骨は脆弱化し、(皮膚や血管、全てです。)
関節を引っ張る事により脱力し運動パフォーマンスが下がり怪我をし易くなります。
怪我の予防には、運動前の入念なストレッチ?それが常識だと思っている人は多いはずですね、
ところが、どうやらそれは誤解のようです。スポーツの前にストレッチをすると、運動能力が落ち、怪我のリスクも高まります。
危険とされているのは、一定時間同じ体勢で静止して体を伸ばす「スタティック(静的)ストレッチ」。調査を行ったクロアチアのザグレブ大学研究チームは、45秒以上同じ箇所を伸ばさないよう警告している。
・ストレッチにより筋力、瞬発力が低下する
ストレッチを行うと、筋肉や腱が伸ばされてゆるむ。ストレッチは体を柔軟にしパフォーマンスの向上や怪我の予防に繋がるというイメージがあるが、実は筋肉が瞬発力を失う原因になるのだ。
同大学がプロのアスリートらを対象に調査したところ、45秒以上の静的ストレッチにより筋力は平均5.5%、跳躍力や瞬発力も平均3%ダウンした。ストレッチの長さが90秒以上になると、筋力は更に顕著な低下を見せた。
スポーツ科学誌『The Journal of Strength and Conditioning Research』でも、ストレッチの後ではウエイト・リフティングで上げられる重量が8.3%減少したとの報告が掲載されている。 
・運動前のストレッチは怪我の原因にもなり得る
関節まわりの筋肉や腱がゆるむことで怪我も起きやすくなるという。過剰なストレッチは腱の弾力性を損ない、関節にかかった負荷を和らげる役割を失わせるのだ。
・運動前の正しいウォーミングアップとは
専門家らは、運動前には同姿勢でじっくり伸ばすストレッチは避け、その場での軽いジョギングや、運動の中で実際に出てくる動きを軽く行うなど、体を動かしてウォーミングアップをするよう推奨している。(動的ストレッチ)
ストレッチは運動の後で、筋肉の回復、筋肉痛予防を目的に行うのが良いとのことだ。風呂上がりや就寝前にやることで柔軟性を高めたり、リラクゼーション効果を得たりもできるので、上手に生活の中に取り入れていきたいものである。
 
注意
特に運動選手はストレッチ後、腕立て伏せ、スクワット運動をゆ っくり、10回程度行ってください。 
整形外科や他の整骨院、医療機関でけん引治療を行っていますが禁忌です。
絶対に行ってはいけません。 
特に
腰痛の患者さんは動けなくなります。
気を付けてくださいね。
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日どこかのTVで

電池、冷蔵庫に入れてる人いますが

何か効果あるんですか?

の質問に

ある学識者か医者が答えてました。

全く効果ありません!って

勉強不足です!

TVは噓もつきますので危険だな~

って思いました。

ラジカル反応の抑制って言いますが

人間や動物もそうですが

病気や怪我をした時

先ずは、冷やす 圧迫する 

溜まったエネルギーを外に出す(アースする)

この3つです。

この3つの反対を行うと人も壊れます。

冷蔵庫に電池を入れることによって

このラジカル反応を抑制する事ができます。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
045-841-0535
受付時間
月曜~金曜 9:00~12:30 / 15:00~20:00
土曜 9:00~12:30
定休日
日曜、祝祭日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・予約

045-841-0535

<受付時間>
月曜~金曜 9:00~12:30 / 15:00~20:00
土曜 9:00~12:30
※日曜、祝祭日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/09/23日
秋分の日はお休みになります。

岩上整骨院

住所

〒233-0002
神奈川県横浜市
港南区上大岡西3-2-7 1F

アクセス

京浜急行 上大岡駅から徒歩8分
横浜市営地下鉄ブルーラインから徒歩7分
院から徒歩1分のところにコインパーキングあり

受付時間

月曜~金曜 9:00~12:30 / 15:00~20:00
土曜 9:00~12:30

定休日

日曜、祝祭日
※祝祭日は診療行う場合あり(当サイトにてご案内します)