MENU TEL

交通事故治療

まず始めに

交通事故の怪我はまず、病院での検査が必要になります。
(検査後の来院をお願いしております。)

交通事故に遭い「痛くないから大丈夫」と放置をしていたが、後日痛みが発生し、大変な思いをした、、、そのような患者様を何人、何十人、何百人と、幾度も、当院にて診察を行っております。
事故直後に「痛くないから大丈夫」と、決して自己判断をしないでください。
正直に申し上げますと、交通事故が起きた直後は、ほとんど症状が出ないパターンが多いです。
翌日あたりから、以下症状や、他にも思いがけない数々の症状が出現する可能性が、非常に高く考えられます。

むち打ち症とは

事故直後に、病院でレントゲンを撮ったが、「特に悪いところは見つからなかった。」というのはよくある話です。しかし、先ほど申し上げた通り、交通事故の怪我は後日現れることが多いです。湿布と痛み止めが処方されただけの治療では、悪化を招くこともあります。また、違和感を感じるからと首を引っ張ったり、温めたりすることは絶対にしないでください。こういった自己判断や治療で後遺症が残るというのは、よくあるケースですので治療に関しては、プロとよくご相談致しましょう。

背中・首筋・腰・肩のこりや痛み、耳鳴り、頭痛、眩暈、吐き気、食欲不振、全体倦怠感、、、

治療が遅くなってしまい、重大な後遺症が残ってしまった、、、という最悪な状況に決してならないよう、事故直後に必ず病院で検査をし(可能な限り早く)、可能な限り早急に、整骨院にて施術を受けるよう、強くオススメしております。

岩上整骨院では、今まで多くの交通事故患者様を治療してきました。患者様の怪我の治療を一番に考えたいと思っておりますので、どんな状況でも構いません。患者様のよくお話を伺い、それぞれ状態に合わせた丁寧な施術・対応を致します。事故後から時間が経ってしまった方も、ぜひ一度ご相談ください。

交通事故が起こってしまったら

まず、警察へ届け出をしてください。

事故は大小に関わらず、必ず警察に届出することが法律で義務付けられています。
交通事故証明書は、公的な事故があったという大切な証明書です。
万が一、届出をせず事故証明書が無いと、後々、賠償金(保険金)の請求が出来なくなるなど、当事者は、非常に困ることになります。必ず警察に連絡し、現場検証を行うようにしてください。
当事者同士の口約束は、後でトラブルの元になりますので、絶対に行わないようにしましょう。

次項有加害者の情報確認をしましょう。(住所・電話番号・勤務先・保険加入の有無)

加害者の住所、電話番号、勤務先、保険加入の有無などを必ず確認しましょう。事故の記録を取っておくことが必要です。そうでないと保険に必要な「交通事故証明書」を受け取れないことがあります。出来たら事故現場の写真を撮ったり、目撃者からの話も取れるといいです。

保険会社へ連絡をしましょう。

ご自身がご加入されている保険会社に必ず連絡を入れましょう。そうすれば、保険会社の担当の方が適切な対応をしてくれます。

病院で精密検査を受けましょう。

もし、どこも悪くないような気がしても、自己判断をせずに、まずは救急車を呼び、必ず病院で精密検査を受けましょう。

整骨院で診察を受けましょう。

整骨院は、厚生労働省に認可を受けた国家資格を保持しております。外科、整形外科と全く同様の補償を受けることができます。安心して、整骨院へご来院ください。

以上のことを行えば、自賠責保険、自動車任意保険が使えるようになります。

まれに、警察へ連絡せずに、整骨院へ来院される方がいらっしゃいますが、必ず警察に連絡をして、交通事故証明書を発行してもらってください。警察に届け出をしていない場合は、自賠責保険が使えませんのでご注意ください。

治療料金はいくらですか?

基本的には、保険会社と整骨院とのやり取りとなり、保険が適用されますので無料です。

保険会社によっては、「整骨院には行かない方がよい」と言う担当者もいます。それは、保険会社からすると保険を使われるより、患者様に負担してもらいたいという理由からです。もし、そういった話が出たら当院へご相談ください。

当院では交通事故専門の弁護士事務所と提携して居ります。

中には(整骨院には行かない様に、炎症が収まるまで行ってはいけない 等不当な事を言う保険会社があり大変困っている患者さんもいらっしゃいます。

そのような方は是非ご相談ください。

www.izumi-lawyers.com/      泉総合法律事務所  0120-778-123

 

当院へのアクセス情報

所在地〒233-0002 神奈川県横浜市港南区上大岡西3-2-7-1F
電話番号045-841-0535
駐車場なし
休診日日曜・祭日・土曜午後
研修会日