MENU TEL

腰痛

「腰痛」は、日本の国民病!

腰痛は、万人が一度は経験すると言われており、もはや日本人の国民病と言っても過言ではありません。
男性・女性で腰痛に悩んでいる人の割合は5対5と言われており、性別問わず、加療の必要な腰痛を経験している方が、日本国内で非常に多いです。

腰痛になる原因は、主に日常生活での運動不足や、肥満などが挙げられます。
また、長時間のデスクワークや運転などで、同じ姿勢を取り続けていたり、加齢やストレスなどの要因も複雑に絡んでいたりもします。

予防策としては

出来れば階段坂道を避け、平坦な道を40分以上連続歩行。

腰を氷でよく冷やすこと。 主に良く歩くこと!

必ず氷です。温度の条件がありますので湿布、保冷パックは使用しないで下さい。

筋力を鍛える。

歩けない場合、スクワットをお勧めします。

腰痛の代表格「ヘルニア」

腰痛には、様々な形態がありますが、その中でも最も一般的に知られている症状が「ヘルニア」です。

腰痛の無い人がレントゲンを撮っても、実は、90%以上の人にヘルニア像が見られます。ヘルニアと診断されたほとんどが実はヘルニアではありません。他に原因があります。

他院で行われている腰痛治療で、よく腰椎牽引と温めをメインで行うところがあると伺いますが、この治療で腰痛が治るはずがありません。むしろ、悪化します。
まず、牽引をずっと行っていると、脱灰(だっかい)を起こします。周辺にある血管網は引き伸ばされ血液循環は悪くなります。当たり前ですね。
「脱灰」とは難しく、聞きなれない言葉だと思いますが、簡単に申し上げますと、カルシウムが抜けるということです。これを 「骨ピエゾ効果」 と言います。
脱灰したカルシウムはどこかに沈着します。後縦靭帯骨化症や脊柱管狭窄症は、牽引の産物ではないかとも言われていますね。
温めることによって、血液の流れ、循環が良くなると思っている方が多い様ですが、温めた所はその所だけ熱膨張(膨れ上がる)するだけで、決して循環が良くなる訳ではありません。

難しい名前ですが、熱によるブラウン運動といいます。0℃の状態での局所冷却は、炎症によるブラウン運動や2次的障害を抑制し血液循環を良好にし、免疫機能を改善します。頭が痛いとき、足が腫れた時、あなたはその部分を温めますか?

レントゲンを撮ると、こんなことを言われると思います。

  • 4番と5番のヘルニアですね。

  • 何番と何番の間が狭くなっています

  • 何番の骨が変形してますね。

  • 何番の骨に棘(とげ)が出ていますね。

  • すべり症ですね。

・・・などなど。

これはレントゲンを撮って見た状態を言っているのであって、腰痛の原因とは全く違う事が本当に多いです。

腰を引っ張り、首を引っ張り、じっくりと温め、挙句の果てにウオーターべっとで背中をゴロゴロ!ブロック注射!

治らないのに何故続けるのですか?

 

レントゲンを撮った結果そのように見えたとしても、その箇所が主な原因となり、あなたの腰痛症状が出ているのだとは、決して断言できません。

結果と検証よりも、経験は、多くを語ります。
一人一人の体が違うように、各人の症状も異なります。
こちらの記事で、詳しい症状のお話ができないことが残念ではありますが、是非一度、岩上整骨院まで、ご来院をしていただけたらと思っております。
当院できちんとお話をされた患者様からは、皆 「来てよかった。」 の一言をおっしゃっていただいております。

少しでも腰痛にお悩みの方は、是非一度当院で受診をしてください。
結果検証だけではなく、患者様自身よりしっかりとした情報をいただき、正確な診断をし、スタッフ一同にて、あなたのサポートを精一杯努めさせていただきます。

 

 

料金

初検料  ¥15000+消費税

2回目以降   ¥7000+消費税

となります。

宜しくお願い致します。

急性腰痛症(いわゆるギックリ腰)で治療に何カ月もかけたくない方。

ブロック注射や入院したくない方、仕事が忙しい方、時間は取らせません。

 

 

急性腰痛症(いわゆるギックリ腰)で松葉杖をついて来院されました。 

二週間前前からひどい腰痛に悩まされ、3回のブロック注射を、3日前のゴルフで悪化しまったく動けなくなりました。


椎間板ヘルニアと診断され・・・

https://youtu.be/5BwgQeQ3q0Y https://youtu.be/5BwgQeQ3q0Y

 

https://youtu.be/5BwgQeQ3q0Y 朝、、腰に激痛が走り動けなくやっとの思いでたどり着きました。 https://youtu.be/CZp11CK3apg 今朝、くしゃみをした瞬間、腰に激痛が走り動けなくなりやっとの思いでたどり着きました。 https://youtu.be/J2PlnXCGJEY https://youtu.be/J2PlnXCGJEY

 

https://youtu.be/J2PlnXCGJEY https://youtu.be/CZp11CK3apg

腰部脊椎分離症 すべり症と診断され20年以上              最近腰の痛みが強くなり右の腰から右つま先にかけてのしびれ、右足が前に出ない。元々は横浜の方ですが遠方に嫁がれ、ある人の紹介で3時間掛けて来院されています。                          レントゲンやMRI画像に出てきたそのままを言っているだけで腰痛やしびれ感とは全く別物です。                                このような診断を下されますと患者さんは翻弄され、精神的な病に陥ります。これが腰痛の原因は精神的病だったなどと言われる根本です。    結果検証主義の大変怖いところです。


自宅でくしゃみをした瞬間に
腰に激痛が走り動けなくなりました。
歩行困難、はいはいしか出来ませんでした。
病院に行ったら2週間にゅういんでしたね。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒233-0002 神奈川県横浜市港南区上大岡西3-2-7-1F
電話番号045-841-0535
駐車場なし
休診日日曜・祭日・土曜午後
研修会日